top of page

「超福祉展」終了のご報告

WIHLL 義手義足アーティストMoreThanHuman 超福祉展用別注ヤマトマネキン の3社とのコラボディスプレイでした。

3Dデザインの映像も初公開しました。 https://www.youtube.com/watch?v=QKSCY5_XH7M ブースには 車椅子ユーザーの方。 お子さんが車椅子ユーザーの方。 重度の障がいで自分では服が着れないお子さんがいらっしゃる方。 ご自身のお子さんは亡くなったが周りの障がいを持つ方にリメイクを続けている方。 皮膚や紫外線過敏症の方。 他、身体障がい・精神障がいの方。 お年寄りの方。 福祉関係の仕事や学校に通っている方。 理学療法士、介護士の方。 プロスポーツ選手の方。 イベントや百貨店関係の方。 外国の方。 など、本当に多種多様な方々に出会いお話できました。 一番多くいただいた言葉が「カッコイイ!けど、どこが福祉なの?」で、一番嬉しい言葉でした。 それがa.ladonna.の目指す「ボーダレスファッション」であり、創ってきた形でした。 そして「こんな服がほしかった!」「お洒落ができて嬉しい!」という声や、「健常者の私たちでも欲しい!」という声もたくさんいただけました。 登壇させていただいたシンポジウムでは、日本のアパレル産業(作り手)と障がい者や高齢者を含む消費者(買い手)の問題と解決方法・目標を話させていただきました。

3Dデザインの映像も初公開しました。 https://www.youtube.com/watch?v=QKSCY5_XH7M ブースには 車椅子ユーザーの方。 お子さんが車椅子ユーザーの方。 重度の障がいで自分では服が着れないお子さんがいらっしゃる方。 ご自身のお子さんは亡くなったが周りの障がいを持つ方にリメイクを続けている方。 皮膚や紫外線過敏症の方。 他、身体障がい・精神障がいの方。 お年寄りの方。 福祉関係の仕事や学校に通っている方。 理学療法士、介護士の方。 プロスポーツ選手の方。 イベントや百貨店関係の方。 外国の方。 など、本当に多種多様な方々に出会いお話できました。 一番多くいただいた言葉が「カッコイイ!けど、どこが福祉なの?」で、一番嬉しい言葉でした。 それがa.ladonna.の目指す「ボーダレスファッション」であり、創ってきた形でした。 そして「こんな服がほしかった!」「お洒落ができて嬉しい!」という声や、「健常者の私たちでも欲しい!」という声もたくさんいただけました。 登壇させていただいたシンポジウムでは、日本のアパレル産業(作り手)と障がい者や高齢者を含む消費者(買い手)の問題と解決方法・目標を話させていただきました。

3Dデザインの映像も初公開しました。 https://www.youtube.com/watch?v=QKSCY5_XH7M ブースには 車椅子ユーザーの方。 お子さんが車椅子ユーザーの方。 重度の障がいで自分では服が着れないお子さんがいらっしゃる方。 ご自身のお子さんは亡くなったが周りの障がいを持つ方にリメイクを続けている方。 皮膚や紫外線過敏症の方。 他、身体障がい・精神障がいの方。 お年寄りの方。 福祉関係の仕事や学校に通っている方。 理学療法士、介護士の方。 プロスポーツ選手の方。 イベントや百貨店関係の方。 外国の方。 など、本当に多種多様な方々に出会いお話できました。 一番多くいただいた言葉が「カッコイイ!けど、どこが福祉なの?」で、一番嬉しい言葉でした。 それがa.ladonna.の目指す「ボーダレスファッション」であり、創ってきた形でした。 そして「こんな服がほしかった!」「お洒落ができて嬉しい!」という声や、「健常者の私たちでも欲しい!」という声もたくさんいただけました。 登壇させていただいたシンポジウムでは、日本のアパレル産業(作り手)と障がい者や高齢者を含む消費者(買い手)の問題と解決方法・目標を話させていただきました。

ピープルデザイン研究所のFacebookページなどで見ることができますので、是非チェックしてみてください。

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

a.ladonna.+ボーダレスファッションが生まれた経緯

それまでCHIAKI-a.ladonna.JAPANとして発表してきた服たちは、アーティストや職人とコラボした商品というより、作品に近い感覚で発表して参りました。 2014年にコーヒーペイントアーティストとのコラボ作品「綴」の展示受注会を開催中に、福祉関係の仕事をしている方から「障がいのある人にもアラドナの服を着れるようにできないかしら?」と言われたことがきっかけでした。 それまでの弊社の服は、ユ

Comments


bottom of page