アラドナプラスについて

a.ladonna.+(アラドナプラス)は、a.ladonna.+αチームで作り上げていくプロジェクトたちです。

考え方や身体、世代、性別、国籍など、自分と違う、人と違うことで生じてしまう壁(バリア)をファッションを通して取り除く、「バリアフリープロジェクト」を展開しています。

服(ハード面)と心(ソ フト面)から取っ払うこと=ボーダレス=平和を目指し、また他人事・無関心だった人たちも巻き込んで 「センス」を呼び戻す発信と活動を広げていくプロジェクトです。

バリアフリープロジェクトについて

「バリアフリープロジェクト」は2014年に福祉関係の仕事をしている人からのオファーをきっかけに、「障がい者も着れる服ってどういうことなんだろう?」と考え始め、2015年に生地・付属メーカー、パタンナー、縫製メーカー、福祉関係者たちと共にプロジェクトチームを発足しました。

20∼50代の車椅子ユーザーの女性をメインに、リスニングやモニタリングを繰り返し、商品に反映させ、 2017年に立ち上げ活動開始しました。
新機能や伸縮性などの質の高い素材とパターン縫製技術と組み合わせたモードでお洒落なデザインが、障がい者に留まらず、高齢者、介護士や保育士、妊婦、ヨガやピラティスなどのスポーツウェアにまで幅広い分野での需要が広がり始めています。

現在は、都内や地方での試着展示会を開催したり、月に1回ギャラリーでのお披露目や、週に1回カフェでのコミュニティを主催、今後ワークショップや交流会などのイベントも企画中です。

今年9月には渋谷で開催される「超福祉展」の出展も決まり、その後、最終受注展示会を開催し、2019年末 よりいよいよ商品化スタートします。

FollowUs!

インスタグラムでも私たちの活動をご紹介しています。あわせてご覧ください。インスタグラムのアカウントはこちら