友人ふたりのウエディング衣裳を作らせていただきました。
新婦からお母さんが自分の結婚式に自分で作って着たウエディング衣裳をミニスカートにリメイクしてほしいと依頼され、あまりに思い入れのある品物だっただけに最初ハサミを入れるのに戸惑いました。

解体すればするほどひとつひとつ丁寧に作られていることにも気付きました。
表のレースは切らずに中のサテンだけミニ丈にすることに。
背中を開けベルトリボンでウエストマークしてバランスをアレンジ。

トレーンはシーンに合わせて取り外しができるようにしました。

カットしたサテンで新郎のベストを作りました


新郎のリクエストとリゾート地での式だったこともありアラジン風に仕上げました。

ブーケとヘッドドレスには花嫁の好きなマグロリアをご用意。
季節が違ったため職人さんに下立てていただきました。

昨日、式とパーティーが行われたんですが、みんなでプランや会場を一から手作りしたアットホームで楽しい式でした。


当日、新婦のお母さんにも挨拶ができ何度もお礼を言っていただきました。


母から子へ受け継がれたウエディングドレスを着た花嫁はほんとうに綺麗でした。

いつまでも末永い幸せをお祈りしております。