「綴」無事終了しました。

たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

今回の「綴」は服飾作家 加藤千晶にとっていくつもの新たな挑戦でした。

ファッションの粋もアートの粋も超えた、
さらなる新たなクリエーティブな物作りにこだわりました。

コーヒーアーティストminor-iの湧き上がるようなエネルギーを感じる絵をスキャンし、
データ化し、インクジェットプリントで生地にしました。

原画色(#Coffee)に加え反転したようなモノクロ(#NegaPosi)の2色。

何十種類という素材から肌触りと風合いを重視し、
天然素材である綿にレーヨンの入った色味の安定が難しい素材を選別をし、
さらに絞り込み、プリントのテストを繰り返し、何度も色目の調整をしました。

その生地をただ服にするのではなく、
ひとつひとつ、切り出し、縮め、歪ませ、縫い上げました。

今回の「綴」はデザインからパターン、縫製と加藤千晶が仕上げまですべてひとりで行い、
また一枚ずつ作る丸縫いという手法を取っていました。

そして一枚ずつ切り取る柄の位置によって同じ表情のものは二つとない。

すべてユニセックス、フリーサイズで、
何通りにも着れるようデザイン・パターンも何度も繰り返しテストを重ねました。

効率もコストパフォーマンスも度外視したデザインとパターンと作り方。

#Coffee、#NegaPosi、#Black(無地)の3色展開7モデル。

値段はどの作品にも同じだけ手間隙と愛情を掛けていることと、
人に寄ってお金の価値は違うと思うことから、一律にしました。

そしてそのままアートを身に纏って帰れるという一部展示即売にしました。

その作品達の抜け殻(残布)をまたキャンパスに戻して絵にしたり、
繋ぎ合わせて元の絵にしたりしました。

「綴」の起承転結
起・・・minor-iがキャンパスに描いたコーヒーアート
承・・・スキャンして生地に落とし込む
転・・・各デザインに切り取る
結・・・切り取った後の端切れをコラージュしキャンパスに戻す

気が付けば、
生地製作に半年、デザイン・パターンに8ヶ月、
展示会作品37点に2ヶ月の歳月を費やしていました。

最初から最後まで思う侭に行った「綴」。

そんな「綴」の作品をたくさんの方に観ていただき、
モデルにもなっていただきました。

ほんとうにありがとうございました。

お買い上げいただきました方々には末永く愛されます様に。

a.ladonna.加藤千晶
IMG_7837 IMG_8196 IMG_8284

10295026_717442708313026_8189757589420945461_o

#Coffee(原色)

1507450_717442728313024_6167258392239365955_o

#NegaPosi(反転)

スクリーンショット(2014-06-02-17.16.53)

製作点数リスト

Shopkeeper&Barista  glen
ArtDirector  YukitomoHamasaki
CoffeeArtist  minor-i
Designer  ChiakiKato

@Cafe Il solito