先日、新作発表会に出展させていただきました。
会場ではいろんな方にお声がけいただいたり、見て触れて着ていただけました。
ずっとアパレルや衣装の世界で生きてきたので、いままであまりご縁のなかった業種の方々とお会いできて、とても嬉しく、また刺激と励みにもなりました。


今回のプロジェクトはファッションとバリアフリーを掛け合わせたものなので、ファッションでも福祉関係のイベントでも、なかなかしっくり来るイベントや場所が無く、探していたのですが、同じことを考えていらっしゃったMana’olanaのデザイナー布施田祥子さんと引き合わせていただけたことがきっかけとなりました。
おかげさまで、考え方や価値観の合う方々と新たに出会え、また勇気付けられました。
レセプションパーティーでは、布施田さんの生い立ちからブランドを立ち上げるまでのストーリーが映像で流れ、リハーサルの時も本番も涙ぐんでしまいました。
スピーチでは「障がい者になってお洒落の選択肢が無くなった。履きたい靴が無かった。無いなら作ろうと思った。」と、お話くださいました。
彼女の真っ直ぐで明るく前向きな姿勢が、周りの人たちの心を動かし、このブランドができたのだと思いました。
障がいが有ろうが無かろうが、何も遠慮なく隔たりもなく共存できる環境と、そしてファッションを目指していきたいと改めて強く思いました。
貴重な機会をくださった布施田さん始め、関わってくださった方々に感謝申し上げます。

Mana`olana Booth

a.ladonna.+ Booth
試着してくださった作業療法士の金原衣理子さんよりお写真いただきました。ありがとうございました。

布施田さんとご縁を繋いでくださり、ケータリングで参加された鈴木美緒さんと

展示会後、布施田祥子さんと
「Mana`olana 新作展示発表会」
2018年10月14日 13:00ー16:00
レセプションパーティー 17:00ー19:00