昨年ご依頼いただいたクライアントの方より、挙式での素敵なお写真が届きました。
ご要望は  “ 3分でのお色直し ”
それも純白のドレスからのあっと驚くような。。。
またしても面白いご依頼を頂きました。

理由をお聞きすると、式には国内外いろんな所から何年振りにわざわざお越しになる方が多く、少しでもみなさんとの大切な時間を過ごしたいという想いからでした。
またみなさんに楽しんでもらいたい!あっと驚かせたい!というサービス精神からでもありました。

今回のご紹介者であるご友人がアーティストであったことから、生地に絵を描いて頂き、それをドレスに仕立てることにしました。

スーパー早着替えは、式での純白ドレスの上にかぶせて全く違ったドレスに見えるように構想を考えデザインすることに。

何十メーターに及ぶ生地に手書きで自由に描いてもらったので、同じ色味と柄は一切無く、試作でハサミを入れる訳にはいかなかったので、生地をボディに何度も当てては組み直す作業が数日続きました。

どこの柄をどこの箇所に持ってくるかで、全然表情や印象が違いました。

大枠と各位置を決めてから、ピンでギャザーやドレープを作り、立体にデザインしていきました。
枠を作り、細かい箇所を止め、また枠を作り、、、を繰り返して徐々に形にしていきました。

途中、新婦のフィッティングを何度かお願いし、サイズやバランスを整えていきました。
純白のドレスに万が一、ペイントが移色しないよう裏地も付け、フォルムに響かずこれ以上重くならないよう極力薄いシフォンにしました。
内側にベルトを通して調整できるようにしたり、後ろにマジックテープとスナップを付けて着脱しやすくしたり、重みで落ちてこないように数カ所に挟み止めや滑り止めも付けました。

そして世界でたったひとつのArtDressが完成。

お式当日も早着替えサプライズはうまくいったそうです。

改めまして、おめでとうございます。
これからも末永くお幸せに。