昔、お母さんに作ってもらった服を衣裳にリメイクしてほしいという依頼をいただきました。

ジャケットとスカートの2ピースの洋服をフラメンコの衣裳にリメイク。
解いてくとその人の想いが甦り伝わってくる。
丁寧であったかい。
こういった品にハサミを入れる時がいちばん緊張します。

ジャケットは丈を短く、パットを外し、ダーツを取って身頃をタイトにしました。
スカートは合わせる衣裳のボランテ(フリル)の角度に沿わせてカットし腰回りをタイトなシルエットにしました。
裏地を表地より長めにしてアクセントにし、ウエストはジャケットのカットした生地でハイウエストのベルトを付けました。

舞台での様子

舞台当日、お母さんにもお会いすることができ、喜んでいただけた様子を拝見できてホッとしました。
このようなお仕事に関われて有難いです。
ありがとうございまいした。