MOVE.FES 2019 [BORDERLESS FASHION SHOW]

無事終えることができました。

冷たい雨の中、お越しくださった皆様、連日打ち合わせや準備を共にしてくださった製作チームと出演者の皆様、ほんとうにありがとうございました。

総合プロデューサーであり自身もALSと戦っている武藤さんに今年10月にお会いしてから約3ヶ月。

初めてお会いした時、彼は自身の想いを私の目をしっかり見て一言一言一生懸命伝えてくれました。

そして、その想いを共に実現しようと動いていた運営スタッフやコーディネーターの方々中心に、急ピッチで打合せを重ねていきました。

ショーの企画内容は

▪️武藤さんの手掛けるブランド「01」と弊社の「a.ladonna.+」のクロスコーディネート

▪️共同企画の新たなアイテム製作(ボーダレスなデザイン・素材・パターン・メッセージプリント)

▪️多種多様なジャンルの健常者と障がい者が同じコーディネートでランウェイを歩く

それをプロたちの手で本格的なショーに仕上げることでした。

従来のファッションショーとは様々なことが異なり、モデル・スタッフのキャスティングとデザイン企画・構成が同時に進行していきました。

徐々に形が見えていきました。

さらに本番直前までハプニングがあったりしましたが、各界のプロが集まっていたおかげで、それぞれの役割の垣根を超えて力を合わせショーができました。

モデル、舞台構成、ヘアメイクやスタイリストなどのバックヤードメンバー、運営スタッフ、ボランティアスタッフ、、、ひとりひとりの意識と主体性があったからこそ出来た、正にBORDERLESS FASHION SHOWでした。

出演されていたアーティストの皆さんも、想いを共有したり新たなチャレンジをしたりして、パフォーマンスをされていました。

観客と制作側が会場で一つになっていました。

武藤さんのメッセージ「この一瞬、一瞬を大切に生きよう。強いVISIONがあれば、きっとどんな人生だって無限に切り開ける。きっと人生に限界なんてない。」のように、私の中でもリミッターが外れたといいますか、また新たな気づきとチャレンジをさせていただいたように思います。

【NO LIMIT, YOUR LIFE.】

武藤さん、MOVE.FES、withALS のチャレンジはまだまだこれからも続きます。

新境地の扉は確実に開いています。
ここからが益々楽しみです。